パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーは、
あなたの肌や髪、瞳の色など
本来生まれ持った色素や質感を見極め、
その色素に調和する色(似合う色)を診断します。

自分の色素については、普段あまり意識されないかもしれませんが、
肌色は黄みが入ったオークル系の人もいれば、赤みがあるピンク系のお肌の方もいます。

また、髪も地毛が真っ黒の方や、グレーやブラウン系の方まで色々なタイプの方がいます。
瞳の色は、西洋人のようにブルーやグリーンのような違いはないにしろ、
深く黒い方もいれば、紅茶飴のように明るい色の方もいます。

また肌や、髪は質感も大事な要素なのですが、
ピーンと張ったツヤ感のあるお肌のタイプなのか、
あるいはお粉をはたいたようなパウダリーなマット肌なのかによって印象が変わります。

このように、まずその方が持っている要素を細かく見ていくことがカギになります。

肌の色素は比較的どなたにでもわかりやすいので、
肌色だけを見て、黄みの要素が強く出ているイエローベース(イエベ)か、
あるいはピンク系の肌色タイプのブルーベース(ブルベ)
というように判断されていることも多いようですが、
厳密に診断するにはその他の要素も絡むので、
単純に肌色だけを中心に見てしまうと診断にブレが出やすくなります。

特に女性は、
ファンデーションを選ぶ時に、オークル系やピンク系など自分の肌色を意識する機会がありますし、
最近は雑誌の特集などでもパーソナルカラーの簡易診断などというものもあって、
YES/NOで答えて結果がわかるチャートがあるのですが、
それだけで判断するのには少々不安が残ります。

実際、きちんと診断するとご自身が思っていたカラータイプと全く違うこともよくあります。

パーソナルカラーはメイクや洋服、アクセサリーまで様々なところに関わるので、
自己診断ではなく、やはり大勢の実例を見ているプロに一度見てもらうと安心ですね。

 

ドレープで似合う色を診断

パーソナルカラー診断は、
ドレープという色の布を顔の下にあてて、顔映りの変化を確認し似合う色を見つけていきます。
あてたドレープの色によって、顔色の見え方がどんどん変わっていきます。

ここで、先ほどの説明にある「色素」が関わってきますが、
自分の持つ色素にドレープの色がマッチしていれば、
肌に透明感が出て顔色が明るくなったり、いきいきして見えます。

その逆にご自身の持つ要素にあっていない場合は、
肌のトーンが暗く見えたり、顔に影やシワが目立つこともあるので、
顔色が悪く元気がないように見せてしまったり、老けて見えることもあります。

似合わない色はニキビ痕など肌トラブルが目立つ・顔に影が出て疲れて見える・ほてったような赤ら顔に見える・顔色が悪く見える・色だけが目立って違和感が生じる。似合う色は肌トラブルが目立たない・肌に透明感が見られ顔色が明るくなる・表情がいきいきする・明るく若々しい・全身で着ても違和感がない。

パーソナルカラーの分類とそれぞれの特徴

イエローベース、ブルーベース

パーソナルカラーはスプリング、オータムのイエローベースの色みを持つグループと、
サマー、ウインターのようなブルーベースの色みを持つグループに分けられます。

 

スプリング

スプリングの特徴は、
透明感のある肌、ツヤ感のある髪で、
瞳も明るくキラキラしている要素を持ち、
明るく、鮮やかなビタミンカラーのようなカラフルな色が似合うキュートタイプの方です。
どちらかといえば、年齢より若く見える方が多いタイプです。

 

オータム

オータムの特徴は、
しっかりとした褐色の肌、ボリュームのある髪、
深く濃い色の瞳を持っている方が多く、黄みがかった暖かみのある色が似合います。
ゴールドも得意なタイプで、大人っぽくゴージャスな雰囲気があります。

 

サマーの特徴は、
ピンク系の明るくパウダリーで、繊細な肌をもつタイプで、
瞳も明るめでコントラストは強くありません。
青みのある紫陽花のような涼しげな色が得意です。

 

ウィンター

ウインターの特徴は、
真っ黒でツヤのある髪、ハリ感があるしっかりとした肌、
目力があるコントラストがはっきりした瞳を持つ方で、
鮮やかな青みのある色が似合います。
髪も瞳も強い印象なので、カラーも彩度が高い鮮やかな色が得意で、
配色もコントラストがあるメリハリを効かせたコーディネートが得意です。

 

ここには、それぞれのタイプの代表的な特徴をあげていますが、
その他にも特徴になるポイントが多々あります。

当たり前なのですが、人間なので画一的にすべてが当てはまることが難しい場合もありますが、
どの要素が強く現れているかの判断をしていきます。

パーソナルカラーの具体的な使い方としては、
例えば赤が苦手という方がいらっしゃいますが、
赤にも様々な赤があり、紫に近い赤とオレンジに近い朱赤とは印象が全く変わります。
どちらがご自身の持つ色素にマッチするかを判断していくので、あなたが似合う「赤」が見つけられます。

似合う色を身につけると肌や表情が生き生きと見え、全体の雰囲気も変わりますので、周りが受けるあなたの印象もグッと変わります!

自分のベストカラーを知って、色のパワーを味方につけましょう!

PAGE TOP